函館蔦屋書店で開催されたトークイベントに参加させていただきました!ライブストリーミング動画を公開。

先日、函館蔦屋書店で開催されたトークイベント「道南の作り手たちvol.1」に参加させていただきました(⌒∇⌒) 主催は、当園の商品も取り扱っていただいている、株式会社ロカラさん。道南のこだわり食品を集めた「道南地元市場」という通販サイトを運営していて、「道南の生産者たちの生の声を消費者の皆様に届けたい!」という代表の熱い思いから今回のイベントが実現。栄えある第一回目のトークをやらせていただきました。 普段畑では、いらしてくださったお客様に、農園の成り立ちや、栽培をする上でのこだわりなどをお話ししているので、「今回も、場所が変わるだけで話す内容は一緒なんだから、何とかなるだろう」とタカをくくってましたが、いざ本番を前にすると、死ぬほど緊張して眩暈が・・・。本番に入っても話の構成を考えながら必死にしゃべってたので、終わった後、何をしゃべったのかほとんど覚えておらず・・・(笑 「せっかくの機会だったのにもったいないことしたな~」と思っていたら、さすが機転の利くロカラのスタッフさん! 当日のトークの様子をライブストリーミングで配信していてくださいまいた。動画も残してくださったので、こちらのブログ記事にリンクを載せました! もし、お時間ありましたら、視聴していただければ嬉しいです☆彡 (↓画像をクリックすると動画にジャンプします) また、イベントを企画してくださったロカラの皆様をはじめ、会場のセッティングをしてくださった蔦屋書店のスタッフの皆様、ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました! それから、この「道南の作り手たち」ですが、今後、蔦屋書店で毎月第4土曜日に(18時から)開

当園のインタビュー記事を「いももちや」のホームページに掲載していただきました。 ―札幌のスーパー高校生の取り組みを紹介!(あとちょこっとだけ、自分の本も宣伝)―

記事を書いてくれたのは、札幌市立命館高校に通う平島竹流君、17歳。 今年から、縁あって、僕の農園(北海道北斗市)の近くに住んでいる竹流君のお母さんと一緒に食育イベントを共催するようになったんですが、竹流君も農業に興味があるということで、夏休みで函館に帰省したタイミングで、1日だけ、農園の仕事のお手伝いとインタビューをしてくれたんです。 https://imomochiya4.webnode.jp/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/ 今回こちら↑(七飯の道の駅のなかにある「いももちや」のサイト)に掲載された記事は、そのときのインタビューを元に書いてもらったものになります。僕の父が農園を始めたいきさつや、僕自身がこの仕事を続ける中で経験してきたことをまとめてもらいました。 それで、僕がこれまで行ってきた取り組みについては記事のなかにたっぷり書いてもらったので、ここでは竹流君が行っている活動を紹介してみたいと思います。 実は彼、北海道の中高生の活躍を発信するサイトを運営し、そのかたわら、日本の教育についてのブログを書いてるんです。もちろん、自主的に。学校や親に強制されてやってるわけではありません。自主的にやってるんです!(←ココ凄く大事) もうね、その話を聞いて、なんてイイヤツなんだ!、なんて熱いヤツなんだ!と、僕は心底感動しちゃったわけですよ。中高生の活躍を発信するサイトの方は「北高りマガジン」っていうんですが、頑張ってる同世代の仲間を応援したい!という思いから自らサイトを立ち上げて、週一

タグから検索
最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Facebook
  • Instagram