Slow Food Hokkaido Nishi 主催「食育じかん」レポート

3月23日(土)に当会が主催したイベント「食育じかん」、無事成功に終わりましたー(^▽^)/ さて、当日の様子を皆様にお伝えするために、まずはイベントの流れを文面で説明しようと試みたのですが、内容がてんこもりすぎて難儀したので(笑)、こちらにチラシの写真を貼っておきました。 生産者、料理人、消費者を繋げて、道南にスローフードを広めよう!という目的のもと開催した当イベント。ゲストは、山形県のアル・ケッチャーノや、北海道木古内町のどうなんde's北海道(今回イベントを開催したレストラン)をはじめ、全国で数々の名店をプロデュースされている奥田政行シェフ。 奥田シェフと弟子の八木橋シェフによる豪華ディナーと、奥田シェフのトークを楽しみました。 まずイベントに先立って行ったのが、函館駅からいさりび鉄道に乗り、木古内駅まで向かう車内で、道南の生産者5名が車内販売を行うというもの。 参加したのは ​ 瀬棚町の「マーレ旭丸」さん(海産物) 八雲町の「噴火湾鮮魚卸龍神丸」さん(海産物) 瀬棚町の「村上牧場」さん(チーズ) 七飯町の「大沼ガロハーブガーデン」さん(ジャム) 北斗市の「ハウレット農園」(僕の農園です)(フルーツソース) こんな感じで、各生産者さんたちが順に自分の商品のこだわりについて話し、籠を手に持って、客席を周りました。 客席を周っている間は、奥田シェフが各商品を試食し、おススメの使い方などを紹介。 僕も気になって、イベントが終わった後で他の生産者さんたちの商品をいくつか購入させていただいて食べてみたのですが、どれもめっちゃ美味しかったです! 特に、皆さんの商品に対する熱い思いや、

タグから検索
最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Facebook
  • Instagram