新緑の季節になりました(最近の農園の様子)

雪融け以降、カシスとブルーベリーの枝の剪定と、切り落とした枝を拾う作業がなかなかに忙しく、全くブログを更新できずにいました。


ウチの農園は、今現役バリバリで収穫している木が700本くらいあって、他にここ3年くらいで植えた若い木が400本くらいあるのですが、今年の春になって一気に大きくなってきました。


植えた頃はヒョロっとした枝が1本生えているだけの赤ちゃんだったのが、いつの間にかすっかり成長して枝を縦横無尽に伸ばし、人間でいえば小学校高学年くらいにまでなった感じ。今年からこちらもまとまった実入りを期待できそうなので、農園全体のベリーの収穫量も3割くらい増しそうな感じです。今から人手を確保しておかねば^^;


↑左右の列はどれも非常に枝ぶりが良く元気ですが、ほんの3年前までは3分の1の大きさもありませんでした。立派に育ってくれて嬉しいです(T_T)


↑こちらは今年切った枝の山。写真ではちょっと大きさが伝わりにくいかもしれませんが、高さ2m、幅5mくらい。1ヶ月の剪定でこれくらいの量が出るんですよ。


剪定が一段落ついた今は、ヨモギの収穫草刈りを主にやっています。


↑3年前から畑を一緒にやってくれている我がパートナーは草刈りが何よりも好きな農作業だそうで、今やエキスパート並の腕前に達していますw めっちゃ助かってます。


↑今年から、ヨモギの収穫もパートナーがやってくれています。これまでの自分にとっては雑草以外の何者でもなく、もちろんヨモギ茶を飲んだことはありませんでしたが、今年初めて飲んでみて、その香りの良さと独特の風味にハマってます。


↑パッケージもデザインもしてくれました。めっちゃかわいくて非常に気に入ってます。収穫したヨモギを乾燥させてパック詰め。一袋25g入で、お茶はもちろん、ヨモギ餅にもぴったりです。この前パートナーが白玉団子によもぎを練ってきな粉をまぶしたお菓子を作ってくれたんですが、めっちゃ美味しくて感動ものでした。皆様も是非お試しくださいね。


カシスの葉も収穫してくれていて(めっちゃ働き者なパートナーに感謝。いつもありがとう☆)、最近我が家では、カシスの葉のお茶にレモン果汁と砂糖を入れた飲み物を飲んでいます。(フィンランドではこれにイーストを入れて発酵させた微炭酸飲料がよく飲まれているそうなのですが、寝かせておくのに時間がかかるので、ウチではイーストの入っていないやつを作ってます)


こちらも近く商品化して発売予定。飲料のレシピも商品に同梱する予定です。お楽しみに。


ちなみに畑は今ブルーベリーの花が開花真っ盛りで、クマンバチが出てきてせっせと受粉をしてくれています。受粉の姿を写真に収めようとして畑のあちこちで四苦八苦するのも、もはや恒例行事になってきましたw(近づくとすぐに逃げてしまうので、いいアングルで撮るのがめっちゃ難しいんです。↑これはこれまでで一番良く撮れた写真だと思います。ちょうど最近iPhone12を手に入れたので撮ってみたのですが、これから色々な場面で活躍しそうです。楽しみ!)


思えば、こうしてクマンバチたちが畑で受粉する姿を見るようになって早くも9年が経ちました。その間色々なことがありましたが、畑は季節がめぐる度にその姿形を変え、様々な生き物や植物が循環を繰り返し、こうして今年も穏やかな春を迎えています。当たり前のことですが、そんな当たり前が凄く尊い。そんな風に考えている今日この頃です。


これからも自然の循環に身を置きながら、この美しい景色や、大切な人たちとの日常をずっと守り続けられるように生きていけたらいいなと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました!











特集記事