収穫体験イベントを記事にしていただきました!ーイベントの様子をご紹介★ー

August 14, 2018

今年5月から、食育関係の仕事をされている方との出会いをきっかけに始めた食育イベント。今回は第4回目で、ブルーベリーの食べ放題をやって、食育絵本の読み聞かせをやって、摘みたてブルーベリーを使ったスムージーを提供する、という盛りだくさんの内容にしました!

 

 

 ↑東京の高校で英語の先生をやっているオヤジが夏休みで帰省していたので、絵本の朗読をしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑今回朗読した絵本2冊。どちらもアイヌ民話を日本語に訳したもの。「おおかみのこがはしってきて」は僕が一番好きな絵本。メチャクチャいい絵本なのでおススメです!

 

 ↑ブルーベリースムージーの写真を撮り忘れたので、ネットでフリー素材拾ってきました。まず冷凍のブルーベリーとアイスと牛乳でベースとなる冷たいスムージーを作って、その上に摘みたての生ブルーベリーをこれでもかってくらい乗っけました。超豪華版です☆

 

 

第1回目・2回目は、みんなで一緒にブルーベリーの株元におが屑を撒く作業(雑草を防除するための作業)をやって、お昼ご飯を食べて解散!という非常にシンプルな内容だったため、ほとんど何も準備する必要はなかったんですが、なんせ大変だったのが、7月中旬に行った、第3回目の「カシスを摘み取ってフルーツフォンデュにして食べよう!」と題したイベント。

 

 

おが屑を株元に撒く際は、↑のように袋のなかにおが屑を詰めて、畑のなかに持ってきて一株ずつ撒いていきます

 

 

「フルーツフォンデュ」というのは自分で作った造語で、チーズフォンデュのチーズの代わりに、摘み取ったばかりのカシスを使ったアツアツできたてのフルーツソースを用意して、そこに天然酵母のパン屋さんで買ってきた焼き立ての食パンを直接ディップして食べたら最高に豪華じゃね!?みたいなノリで思いついたものなんですが、いざ準備の段階に入ると「アレ??これ現実的に無理かも・・・」って頭を抱えちゃって・・・(笑。

 

まず、合計30人の参加者にソースを振る舞うにはカセットコンロが最低4台は必要だし(自分が持っていたのは1台だけだったので、残りは知り合いに借りました)、その他、コンロが万一ガス欠になった時のための予備のボンベ、コンロを置くテーブル、ソースを調理する鍋×4、調理時間を計るタイマー、材料を混ぜるヘラ、材料の分量を計るための計り、参加者が昼食を食べる際に使うビニールシート、休憩用の日陰スペースを確保するためのタープ、収穫をする際に使うバケツと小さな椅子(これはさすがに用意できなかったのでビールケースで代用)、ソースを作るための甜菜糖、人数分の食パン・紙皿・スプーン、虫よけスプレー、ウェットティッシュなどなど・・・、いざ当日のシミュ―レーションをちゃんとやってみると、これでもかってくらいに用意しなきゃならないものがあることに気付いたんですよね。それも開催のわずか一週間前に(;’∀’) 

 

 

 ↑当日皆さんに振る舞ったカシスソースとパン。こちらも写真撮り忘れたんでネットでフリー素材拾ってきました。イメージ的にはまさにこんな感じです。

 

 

それまでは完全にイベントに参加する側の人間だったので、イベントを企画して準備するのってめっちゃ大変じゃん!と痛感。

 

何事においてもそうですが、いざアイディアを形にするってなると、ひとりでは何もできないんですよね。というか、何をするにしても、周りの人たちの協力なしに物事を成立・成功させるのは100%不可能!自分がこの仕事をしてきて一番学んだのはその部分でした。就農した当初は、全部自分ひとりでできるっしょ!って大いに勘違いしてたし、こんな仕事チョロいぜ!ってナメてかかってたんですよね。思えば、そんなアホすぎる思い込みのせいで、ずいぶんたくさんの人に迷惑をかけてきました。

 

収穫、出荷、企画、営業のみならず、イベントの準備や作業の段取りなど、何をするにしても、ひとりの人間には、ひとつの脳みそと、合計4本の手足しか備わってないんで、やれることに限度があるんですよね。そんな当たり前のことに気付くのに、長い年月を要しました(;’∀’) 

 

前回のカシスのイベントも、今回のブルーベリーのイベントも、たくさんの方に助けられ、支えられ、協力していただき、何とか形にすることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ブルーベリーのイベントの当日は、予報が外れて小雨になり、朝起きた時にはさすがに青ざめましたが(笑 徐々に天候が回復して何とかなりました。これでザーザー降りになっていたらと思うと今でも心臓がバクバクします(笑

 

 

↑みんなで集まって美味しいものを食べて「ハイ、解散~」ではBBQパーティーと変わらないので、イベントの最初では親睦を深めるための自己紹介タイムを、最後ではお互いに感想を述べ合う時間を設けています。具体的には、「今日のイベントに参加したことによって、これこれこういうことが学べた」など、皆さんがイベントに参加してみて感じたことや思ったことを発表し合っていただく感じです。食育がメインのイベントなので、こういう時間を設けることによって、スローフード(地産地消を意識し、食品の裏に込められているストーリーを積極的に学ぶライフスタイル)をちょっとでも広めていけたらいいな~なんて思ってます。(だいぶ上から目線ですが(;^_^))

 

 

重ね重ね、今回のイベントにご参加いただいた皆様、取材に協力してくださった皆様、準備を手伝ってくださったスタッフの皆様、新聞記事を書いてくださった記者の皆様、本当にありがとうございました!(人’’▽`) 今後もこういった食育活動やイベントに力を入れていこうと思っていますので、また機会がありましたらよろしくお願いいたします!

Please reload

特集記事

EarthdayDonan/アースデイ道南@函館蔦屋書店でトークをさせていただきました!

June 24, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square