2018年もお世話になりました(人’’▽`)―今年やらかした最大の失敗の話―

December 30, 2018

2018年もいよいよ年の瀬。今年はたくさんの出会いがあり、公私ともにとても充実した一年でした。また、多くの方に年間を通して様々な作業を手伝っていただいたおかげで、就農以来はじめて(!)予定通り年内に全ての仕事を終わらせることができました。感謝感謝です(人’’▽`)

 

来年度ですが、今やろうと思っていることは、とりあえずふたつ☆ ひとつは、ブルーベリーの木のオーナー制(春に自分の木を買って、収穫期になると全部摘んで持ち帰ることのできるサービス)&畑でのイベントをセットにした「2019年度食育プラン」を提供すること。もうひとつは、当園の冷凍ベリー(ジャム用の特別な品種)と希少性の高い甘味料(メープルシロップか蜂蜜)が一緒に届く「ジャムづくりキット」を東京の通販サイトで販売すること。

 

で、毎年、年の瀬になると一年分の作業日報を見返すのが自分の中での恒例行事となっているのですが、今年もご多分に漏れず色々なことがあったな~と。

 

いかんせん僕はオヤジに似たのか非常にせっかちで向こう見ずな性格なので、就農当時はきちんと計画を立てずに勢いで事を始めて、盛大にコケることがよくありました。(さすがに就農5年目とあって、今はだいぶ落ち着きましたが(笑))

 

で、やることなすこと全てうまくいかないので、「これは、他の生産者さんたちの失敗談をちゃんと聞いてから事を始めないといい加減ダメだな」と就農2年目でようやく気付きまして(笑)、北海道のベリー園数か所にアポなしで突撃し、自己紹介も早々に「今までで一番大きな失敗は何ですか?」と聞いて回るという、無謀な(笑)取材旅行をしていました。今思い返すと失礼極まりない行為ですが、皆さん、本当に優しい方ばかりで、色々な失敗談を面白おかしく教えてくださいました。

 

樹齢20年以上のブルーベリーの木およそ200本をユンボで掘り返して新しい土地に植え付けたら全部枯れちゃった話や、ハスカップの木の剪定作業を知り合いに頼んだら、意思疎通がうまくできておらず、全ての枝を切られてしまい苗が丸裸になっちゃった話。日々の作業に追われて対策が取れず、梅雨の時期に圃場全体のラズベリーの苗の3割があっという間にカビまみれになって使い物にならなくなっちゃった話などなど。普通はなかなか教えてもらえないようなエピソードをたくさん聞けて、とても貴重な経験を得ることができました。

 

で、ここからは自分の話ですが、就農以来書き溜めてきた日報を見返すと、「こいつだいぶズレたことやってるな~」とか「あの時は随分痛い目に遭ったな~」って感じのことがたくさん書いてあったので、今回のブログでは、これまでの失敗談や痛い目に遭った話を洗いざらいぶちまけてみようと思います! が、細かいのも含めてひとつひとつ列挙していくと、多分ちょっとした本が1冊書けてしまうくらいの分量になるので(笑)、ここでは選りすぐりのエピソードを年表にして発表します☆

 

2012年7月

ズッキーニの栽培にチャレンジしていた頃、収穫期の真っただ中に台風が襲来。苗の雑草防除のために使う黒いビニールのマルチの張り方が甘く、強風でほぼ全域(10列分)が吹き飛ばされる。まだ大量に収穫物が残っていたが、泣く泣く収穫を断念。

 

2012年10月

ブルーベリーの苗の植え付け作業を連日やっていたら、無理が祟ってぎっくり腰に。1週間後に作業を再開したら、再度ぎっくり腰に。以来、ぎっくり腰が癖になる。

 

2012年10月

夏の暑い時期に水やりを怠ったため、春から大切に育ててきたブルーベリーの挿し木およそ2,000本の根が焼けて全滅。

 

2013年5月

木の枝にぶらさがっていたアシナガバチの巣に気付かず、草刈り機で草を刈っている最中に誤って巣に触れてしまい、怒ったハチに体中を刺される。

 

2014年7月

収穫期にアルバイト要員がうまく集まらず、無理をして一日中収穫していたら、熱中症で倒れる。

 

2016年5月

カナダからハスカップの改良品種の苗を大量に輸入するも、検疫所で虫の卵が見つかり、全て焼却処分に。補償が効かず、1年かけてコツコツ貯めた投資金が全てパ―に。

 

2016年10月

枝豆の栽培に挑戦するも、アブラムシが大量発生し出荷を断念。半年間の仕事が全て水の泡に。

 

と、一部を抜粋するとこんな感じになります(笑)。で、ここからは本題の、今年やらかした失敗の話。今年は、ご縁があって、函館市東山区の土地を知り合いから譲り受け、そこにカシスの苗約200株を植え付けたのですが、土づくりを怠ったせいでうまく育たなかったんですよね( ノД`)

 

 ↑こちらがその圃場の写真。地面にポツポツと見えるのがカシスの苗。本来ならば、植え付けてからしばらく経っていることもあり、この3倍くらいの大きさに育っているはずなのですが、待てど暮らせど苗は大きくならず。その理由は、先述した通り、土づくりを怠ったから。本来、果樹を植え付ける場合は、大きな植穴を掘って、その中に用土をたっぷり入れるのですが、自宅から離れた場所にある圃場なので、おがくずや堆肥といった用土を運ぶのが面倒くさくて・・・。・地面を軽く起こした後、堆肥をパラパラと撒いて、そこに植え付けちゃったんですよね。で、案の定、うまくいきませんでした( ノД`) 水はけもよくなく、養分も足りない土に植え付けてうまくいくはずもないのですが、「少しでも収穫量を増やしたい!」という思いが先行しすぎて、判断を誤りました。

 

というわけで、今年は、土づくりがいかに重要か、ということを改めて認識した一年でした。何事も初期投資の段階が一番大事で、そこを手抜きすると後で手痛いしっぺ返しを食らう、ということを身をもって学びました。当たり前の話ですが(笑

 

こないだオヤジにこのことを話したら、「お前は沸騰してるヤカンにわざわざ手を触れないと気が済まない性分なんだな」と笑われ、なんだか妙に納得。が、しかし!来年も引き続き当たって砕けろ精神で(でも本当に砕けないように気を付けながら(笑))やっていこうと思っていますので、暖かい目で見守っていただけたら幸いです。

 

改めて、今年、畑でのイベントに参加してくださった皆様、当園の商品をご購入いただいた皆様、色々な場面で助けてくださった皆様、どうもありがとうございましたm(__)m 来年も、お客様だけでなく、関わってくださる全ての方に喜んでいただけるような圃場づくりを目指して頑張っていこうと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。良いお年を!

Please reload

特集記事

EarthdayDonan/アースデイ道南@函館蔦屋書店でトークをさせていただきました!

June 24, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square